top of page

蔵王乗馬合宿に参加して

先日開催された「FRC乗馬合宿in宮城蔵王 」の参加者の声が寄せられました。FRCの活動についてご覧ください。


蔵王乗馬合宿 2023年10月28日~30日

KT 横浜市 大学教授


私は今年65歳になる。じきに晴れて高齢者の仲間入りをする予定だ。乗馬は、コロナ前に市内の乗馬倶楽部で乗馬教室を終えた。乗馬の世界は<何鞍乗った>とかが一般的なようだが、それで言えば私はまだその入口にもいない。

 ただ生き物が好きで、その延長で馬に乗ってみたいとある時から思うようになった。また乗り物も好きだ。そして乗り物としての馬は、車と違ってアクセルを踏めば動くわけでもなく、ハンドルを切るだけで向きが変わるわけではない(だろう)ところが面白そうに思った。

 そんな乗馬入門者が、初秋の蔵王に馬に乗りに行った。現地では、馬の骨格や基本的な構造を教えてもらった後、裸馬に跨がった。その際の、鞍のない馬の背中に直接尻を置いた時の「あったけー」という感触が今も残っている。鞍がないだけで、これだけ「馬」を直接感じることができるという感慨である。自分が探していた馬を楽しむということが実感できた瞬間。ほんの数日だったが、謂わば人と馬のケミストリーを感じながらの乗馬体験だった。

 必要なのは、「安全」に「楽しく」乗ることだという。その通りだと思う。すすきの穂が茂る田舎道や山の懐で、初めての外乗をし、初めての駈歩を楽しんだ。ケッサクである。


ホワイトストーンR.C.の馬たちと鞍

閲覧数:133回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page