アイルランド・コネマラ横断 2018
The Connemara Trail- Ireland
予定スケジュール
         2018.1.25現在

7/29(日)
01:55 羽田発 日本航空JL41    06:25ロンドンヒースロー空港着 
09:50 ロンドン発 英国航空BA5941
11:20 シャノンShannon着
 タクシーでゴルウエイGalwayに移動
                               <ゴルウエイ市内Meyrick Hotel泊>

 7/30(月)
10:00 Meyrick Hotelでガイドとバックアップチームの出迎え
トレイルスタート地点オーテラードOughterardに車で移動(約30分)
1週間の旅を共にする馬に会い、トレイル開始。
October horse fair*で知られるマーム・クロスMaam Crossに向けての山岳コース、
アイルランド最大の湖ラフコリブLough Corribを眺める絶景の中を行く。
1840年のジャガイモ飢饉により廃墟となった家々の跡多数。
ピクニックランチの後も山の中を行く、湿地帯、岩場、小川渉り。トレイルの下方にはジョン・ウエイン主演映画「静かなる男The Quiet Man」*の撮影地として知られるQuiet Man Bridgeが見られる。
昔の線路跡Galway to Clifden railway line(1895-1935)でのキャンターを楽しみゴールのマームクロス到着。湖のほとりの牧草地に馬を放し、ライダーはオーテラードの宿へ。
<Connemara Lake Hotel泊>

7/31(火)
午前中はウイリー・リーヒ氏*の広大な土地を走る。この地域の木々は古いものだが、大西洋からの冷たい強風に吹き付けられ、小さく傾いている。
ランチは小さな村でのピクニック。ランチ後は美しい森を抜けるライド。天気の良い日にはロズマックRosmucの海岸にいたるコネマラの景色を見渡せる。
線路跡でのキャンターの後、馬たちはバリナファドBallinafadの牧草地で一晩を過ごす。
<Abbey Glen Castle Hotel in Clifden泊>

 


8/1(水)
バリナファド出発、コネマラの山岳地帯、海岸線での1日ライド。
途中バリナヒンチ城BallinahinchCastle*の敷地を抜け、昔の鉄道線路跡での長いキャンターを楽しむ。クリフデン近くでピクニックランチ。
ランチ後は景勝地ラウンドストーンボグRoundstone Bog*,そして 海辺の牧草地を走り抜ける。 
                   <Abbey Glen Castle Hotel in Clifden泊>

8/2(木)
マニンベイMannin Bayの海岸で一日を過ごす。白砂の海岸のギャロップ、石垣のジャンプ(希望者のみ)。馬と共に海にはいって泳ぐことも可。ピクニックランチ。
  <Abbey Glen Castle Hotel in Clifden泊>

8/3(金)
マニンベイの海岸線とエリスベグErrisbegの山岳地帯のライド。
海辺の村ラウンドストーンRoundstoneを見下ろす。
この地域は妖精レプラコーンLeprechauns*がいるといわれる。
 <Loughrea Hotel and Spa in Loughrea泊>

8/4(土)
馬の博物館Dartfield Equestrian and Heritage Centre 訪問。
350エーカー(42万坪)の敷地で乗馬と馬の博物館見学
ここでは総合馬術の国際3スター競技も開催された。
 <Loughrea Hotel and Spa in Loughrea泊>

8/5(日)
朝食後、タクシーでシャノン空港へ
12:25 シャノンShannon発BA5942 
14:00 ロンドン・ヒースロー空港着
19:15 ロンドン発 JL44

8/6(月)
15:00 羽田着

 

注 
*オクトーバー・ホースフェア October Horse Fair
毎年10月最後の月曜日October Bank Holidayに開かれる農業フェア。牛、羊、農産品と共にコネマラポニーも多数売買され、世界中からコネマラポニーの愛好家が集まる。

*「静かなる男」The Quiet Man
アカデミー賞で史上最多となる4回の監督賞を受賞し「駅馬車」など不朽の名作の数々を残したジョン・フォード監督が、自身のルーツであるアイルランドの小さな村を舞台に、詩情豊かな人間関係を描き出したヒューマンラブストーリー。美しい自然もみどころ。

*バリナヒンチ城 BallinahinchCastle
アイルランドの古城の一つ。インドの王族やアイルランドの政治家で動物福祉団体RSPCAの創始者リチャード・マーティンRichard Martin氏が居住していたこともある。
RSPCA ( Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals) 

*ラウンドストーンボグ Roundstone Bog
1919年最初にバイプレーン(複葉機)で大西洋を横断したAlcock and Brownが着陸した場所として知られる。無線を開発したマルコーニによる無線塔Marconi wireless stationがある。              

*レプラコーン Leprechauns
アイルランドの妖精の中でも1,2を争う有名な妖精。緑の服を着た靴職人で片方の靴だけを永遠と作っている。” Leprechaun Crossing!” (レプラコーン横断中!)という交通標識もある。妖精の存在を信じる心を持つアイルランドの人々により、ピーターパン、指輪物語、ナルニア国物語など様々な物語がこの地で誕生していった。

*ウイリー・リーヒ氏 Willie Leahey 
このコネマラ横断トレールの創始者。
Connemara and Coast Trails は1969年以来、50年近く続く世界最古のトレイルライドの一つ。ウイリーは有名なハントGalway Blazers Hunt の主催者を30年以上つとめる。
世界最大のコネマラポニーのブリーダーとしても知られる。
 

フリーダム・ライディング・クラブ 

Freedom Riding Club

〒222-0032 

横浜市港北区大豆戸町981
TEL:045-541-0467

      090-3048-8828(田中)
FAX:045-543-2624
Mail:frc.freedomridingclub@gmail.com

  • IMG_5425
  • Facebook - Black Circle
  • Facebook Social Icon