フリーダム・ライディング・クラブ 

Freedom Riding Club

〒222-0032 

横浜市港北区大豆戸町981
TEL:045-541-0467

      090-3048-8828(田中)
FAX:045-543-2624
Mail:frc.freedomridingclub@gmail.com

  • IMG_5425
  • Facebook - Black Circle
  • Facebook Social Icon

FRC定例会のご案内

第177回 2019年9月5日(木)

テーマ:「馬の声が聴けるホースマンを目指して-アメリカ式馬術・調教術の世界」
講 師:  玉置 徹(Toru Tamaoki McCoy) 氏
         AQHA公認プロフェッショナルホースマン
         NRHA公認プロフェッショナルトレーナー

玉置 徹 氏

 レイニング競技の日本代表選手として昨年、米トライオンで開かれた世界馬術選手権WEGに出場された玉置徹氏は日本人初の米国プロとして長年アメリカを拠点に活動されてこられました。
 アメリカ式のレジスタンス フリーなレイニング調教を軸に新馬から古馬まで潜在能力を最大限に引き出し、その馬に合う最善のプログラムをフィジカル、メンタルの両面から組み立てることに定評があります。
 知識や技術だけではなく「馬の声が聴けるホースマン」になろう、「トレーナー以前にホースマンであれ」という教えを実践する玉置氏。
 ウエスタン馬術や調教のプロの方にはもちろん、これまでもっぱらブリティッシュスタイルで乗馬を続けてこられた初級者の方にも参考になるお話です。お申込みはお早目に。

講師略歴:

1965年 東京都生まれ。幼少より離日、南北米大陸にて牧場環境で育つ         
1988年 West Fork牧場(テキサス州)牧童頭として調教業務に従事、ロデオ競技に参戦
1990年 帰国後、Double T Training Stables(山梨県)を設立

    馬の輸入業務、調教び、会員制乗馬牧場を展開
1994年 米国移住 Stone Canon 牧場(コロラド州)競技馬生産、調教と競技参戦開始

    コロラド州立大 馬科学部生産学科にて就学
1998年 活動拠点をテキサス州に移動
    米国トップ調教師のスコット マッカッチョン、クレイグ ジョンソン厩舎に就業し競技へ参戦

    ボブ アヴィラ、トッド バーゲン他、多数の米トップ調教師と交流を持つ
2000年 競技馬調教厩舎McCoy Stables, Inc.をテキサス州に設立

    生産、育成、調教、競技参戦、販売の一貫した牧場を展開
    日本人初の米国プロとしてAQHA、NRHAローカル戦から重賞まで、年間20戦以上の試合に参戦
2007年 13年以上の米国生活を後に日本に拠点を移動

    アメリカ式 レジスタンス フリー調教とレイニング調教にてクリニック活動を行う
2009年 サンダンス馬事企画を宮崎市に設立

    競走馬から競技馬まで調教全般プロジェクトを展開

       最高位JRA 重賞2着、NRHA Japan、JQHA公認戦優勝多数
2017年 東京クラシック クラブへ移籍 同クラブ所属選手兼、調教責任者
2018年 FEI主催 WEG2018Tryon 世界馬術選手権

            日本人代表選手 第1予選32位、第2予選まで進出15位、世界ランキング39位 (1/1/2019)